No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
息詰まる頭脳戦?や、最初から勝負あり
2006-12-13 Wed 22:46
扉は閉ざされたまま 扉は閉ざされたまま
石持 浅海 (2005/05)
祥伝社

-+B+-

大学時代の友人が、卒業後久々に集まった同窓会。伏見はそこで新山を殺害、風呂で溺死したようにみせかけようといろいろ細工をし、死体のある部屋の扉を施錠します。これがはじまり。扉は閉ざされます
同じサークルではなかったけど、部員が連れてきていつしか仲間になった優佳。彼女は美しいだけではなく頭脳明晰。皆が新山の不在にあまり気を取られないのに、彼女だけは不審に思い、小さな事実を積上げて真相に近づいていくのです。伏見はミスディレクションをしようとメンバーをコントロールします。「冷静で熱い人」伏見と、「冷静で冷たい」優佳の頭脳戦です
なんだって扉を閉めたのか、どうしてそんなに時間を気にするのかが謎だったんですが、途中動機がわかるとすべて氷解します。おいおい、そんな理由で後輩を殺すのかよ、現実的じゃないなと、ツッコミもいれたくなりますが、まぁそれを受け入れないとこの小説は成り立たないので(笑)
探偵役が現場を実際に見ず、伝聞と状況と参加者の性格、犯人との会話だけで真相を言い当ててしまうのは、叙述ミステリとしてはすごくよくできてます。
ただね、この優佳が嫌いなんです、小賢しくて。頑張れ伏見、負けるな伏見と応援してました。負け戦だろうなとは思ってましたが。<ネタバレ>だから犯罪の露見を防ぐ為、伏見が恐らく優佳に隷属するのが悔しくてぇぇぇぇぇぇ!いっそ犯罪者になってもいいから、彼女を拒否して欲しかったなぁ。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<やはり子供と動物モノは最強 | No Way Out ~出口なし~ | オツなチョコレート>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。