No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
オツなチョコレート
2006-12-12 Tue 08:26
銃とチョコレート 銃とチョコレート
乙一 (2006/05/31)
講談社

-+A+-

怪盗ゴディバが現れ、またもお宝が盗まれた!それを追う名探偵ロイズ!子供達の憧れの探偵です。主人公のリンツもその1人ですが、ひょんなことから怪盗ゴディバの手がかりを見つけ、ロイズとともに調査をはじめます。
なんて出だしで、まるで明智探偵と小林少年ですが、そこは乙一。世間はチョコレートのように甘くはありませんでした。<ネタバレ>ロイズはホントは悪い人で、怪盗の宝を横取りしようとリンツから地図を騙し取ります。そして企みに気づいたリンツを窮地に陥れるのです。なんてひどい!!おかげでリンツは友達も住む場所も失ってしまうのです
面白かったです。これこそ大人も楽しめるミステリーランド、子供にはちょっとビターでしょうか?人もも結構死にますし。
悪いやつ、イヤなヤツもいっぱいでてきます。この連中がいきなり豹変していい人になったりしないのがよかったです。1冊かけて作り上げたキャラクタが台無しにならなくて。
聖書と地図の謎、風車小屋にちりばめられた暗号、怪盗の意外な正体と、子供が喜ぶ謎解きはてんこ盛りです。大団円というわけではないけれど、笑顔のリンツがラストでしたから、一応ハッピーエンドですね。ヨカッタヨカッタ
登場人物の名前はもちろん、町の名前はヴィタメールにレオニダスだし、ホテルはノイハウスですから。読んでてチョコが食べたくなりました。しかしいいのか、こんな固有名詞の使い方。クレームは心配ないのでしょうか...?
スポンサーサイト
別窓 | あ行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<息詰まる頭脳戦?や、最初から勝負あり | No Way Out ~出口なし~ | 荻上直子のゆるい世界>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。