No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
カルトの定義とは
2012-09-16 Sun 20:05
〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)
(2005/12/20)
町山 智浩

商品詳細を見る

町山さんのカルト映画解説本。え?『グレムリン』はメジャーでしょう?と、思ったんですが、どうやらいろいろと大変だったみたいです。
映画監督ってのは、やっぱりある種突き抜けていないとダメなんだなぁと思いました。
中でもリンチとクローネンバーグの変態っぷりは半端ないですね。監督やってなかったら犯罪者として捕まってますよ、きっと。
この本はただの映画解説ではなく、監督の人となりや製作過程、時代背景なんかを丁寧に書いた深読み本です。観ていたらすごく興味深いし、知らない映画だったら観たくなるんじゃないでしょうか?

スポンサーサイト
別窓 | ま行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アベンジャーをみるために | No Way Out ~出口なし~ | ハルとブレードランナーとカプリコンワン>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。