No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
グロイぞ!カーペンター
2012-09-10 Mon 20:01
遊星からの物体X [Blu-ray]遊星からの物体X [Blu-ray]
(2012/04/13)
カート・ラッセル、・ウィルフォード・ブリムリー 他

商品詳細を見る

初めてしっかり見たんですが、すごいですね、このグロっぷりが。
オープニングが『南極物語』みたいで、ハスキー犬が走ってきて、それをヘリが追っかけてます。
この犬がうまいんですよ。ちゃんと演技してるんです。こっちはコレにアレが入り込んでるって知ってますから、そんなふうに見えちゃうんですけど、机の下で隊員の様子をうかがってたり、窓から外を見張ってたり。もうどこのプロダクションなのってくらいうまいです。
で、そっからカオスが始まるんですけど、犬たちが襲われ、隊員たちも襲われ、寄生されてる本人にも自覚がないんで、誰がアレなのかわからない、ヘリも無線機も壊されて雪原に孤立無縁。疑心暗鬼に陥る隊員。というスリルとサスペンスたっぷりの2時間です。カーペンターものでは『ゼイ・リブ』と1位2位を争います(当社比)。
なんといっても電気ショックをあたえようとしたら、胸がばこっと陥没して中から、アレががばーっと出てくるとこがすごいです。他に目がいってる時だったんで、もうびっくり。
久しぶりに堪能しました。文芸坐あたりで”丸ごとカーペンター!”みたいな企画やりませんかね。1週間くらい通しで。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ハルとブレードランナーとカプリコンワン | No Way Out ~出口なし~ | 児玉さんよ、永遠なれ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。