No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ある殺人鬼の告白
2012-07-27 Fri 18:34
ユリゴコロユリゴコロ
(2011/04/02)
沼田 まほかる

商品詳細を見る

昨年あたりから売れまくっている沼田まほかるさんの、なかでも本当によく売れている本。
婚約者が失踪、父親は末期がん、母親が事故で死亡という、不幸がドミノ倒しで起こっている亮介は、あるノートを見つけます。おそらく母親が書いたそれは、小さいころから犯してきた殺人の告白でした。
そこから手記の書き手は誰なのか、そもそも母親は本当に自分の母親なのか、だとしたら本当の母親はどうしたのか?
という謎解きが始まります。最後は家族愛で締めくくられておりますが、どうなんでしょう。
一人を除いて、全員なんらかの犯罪に関わっているんですよ。なんかもうこの家族は麻痺してるんでしょうね、この異常事態に。
百歩譲って家族のための殺人だったとしても、それ以前はただの殺人衝動ですからね。おかしいですって。
でもってラスト、涙で感動に転嫁…、できるわけないでしょうが。
スポンサーサイト
別窓 | な行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<彼女の肖像 | No Way Out ~出口なし~ | 奇跡の新作>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。