No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
現代に蘇る伝説のスパイ
2012-05-10 Thu 21:44
007 白紙委任状007 白紙委任状
(2011/10/13)
ジェフリー・ディーヴァー

商品詳細を見る

たぶん世界一有名なスパイ、ジェームズ・ボンドをディーバが書いたらどうなるか?もちろん面白かったです。
ただ私がボンドの原作どころか、映画でさえ1本しか観ていないので、正しいボンド小説として面白かったかどうかは、正当なファンの評価におまかせします。
タフでクールで女にもてて、敵方の女スパイとよろしくやってるうちに任務が完了するという私の想像より、ちょっと控えめなボンドでした。
謎のアイリッシュマンやノアといった悪役は、いつもリンカーン・ライムが追いかける凶悪犯のようなイメージで、このへんはディーバだなぁ、と思いました。
最後のどんでん返しもディーバで、また最後にひとひねりあるのかとドキドキするのもディーバでした。
スポンサーサイト
別窓 | 海外の作家  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<家族模様 | No Way Out ~出口なし~ | 宇宙にいるのは我々だけではない>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。