No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
無垢な子供の恐ろしさ
2012-02-23 Thu 20:16
アミダサマ (新潮文庫)アミダサマ (新潮文庫)
(2011/11/28)
沼田 まほかる

商品詳細を見る


なんか去年あたりから急に注目されはじめた(らしい)沼田まほかるさんのホラー。
冷蔵庫に閉じ込められて死にかけた少女と、それを助けた坊主とサラリーマン。この二人のパートが交互に語られます。
村全体がいやーな雰囲気につつまれて人心は荒廃します。なかでも聡明で優しかった母親が、下世話でいやしい老女になってしまい、坊さんは己の無力に打ちのめされるんですよ
この土着な感じは昔の坂東眞砂子や篠田節子に通じるものがありますが、こちらのほうがライトです。
特に何もしないで終わってしまう、肩すかしなりゆきまかせホラーでした。
スポンサーサイト
別窓 | な行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<永遠に続かないのが9月 | No Way Out ~出口なし~ | ルパン VS 大泉君>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。