FC2ブログ
No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
高知県に光はあるか
2011-12-12 Mon 19:49
県庁おもてなし課県庁おもてなし課
(2011/03/29)
有川 浩

商品詳細を見る

高知県を観光立国にすべく、県庁に設立された”おもてなし課”の奮闘を描きます。
なんでも有川さんは高知県出身で、小説の通り、県庁職員から観光特使になってほしいと言われ、そこからこのお話は始まったようなんですね。
いわゆるお役所頭のおもてなし課の面々が、いわくありの観光コンサルタントの清遠にもまれて、どんどん成長していきます。
有川さんらしく、一番最初に目覚めた主人公と、派遣社員の女の子のラブもあります。この辺は鉄板ですね。
作家として高知県に貢献できることといえば、小説に書いて広く世間に宣伝すること、とおっしゃるように、高知県のよいPR本になっています。旅番組みたいでしたよ。

スポンサーサイト
別窓 | あ行 有川 浩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<30年目の和解 | No Way Out ~出口なし~ | 関西伝奇シリーズ第4弾>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。