No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
摩訶不思議京都
2011-11-16 Wed 22:58
森見登美彦の京都ぐるぐる案内森見登美彦の京都ぐるぐる案内
(2011/06)
森見 登美彦
+-C-+
商品詳細を見る


小説の舞台になった場所をめぐるロケ地めぐり本です。昔読んだ一節とともにそこの写真を見ると、行ったことないのに懐かしい気がします。
森見さんの話では『きつねのはなし』が圧倒的に怖くて、そこの舞台はやっぱり怖くて幻想的で、京都ってのは歴史があって業の深い街なんだなぁと思いました。
スポンサーサイト
別窓 | ま行 森見 登美彦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<動く石尾のカッコよさ | No Way Out ~出口なし~ | 当時はこれが最高画質>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。