No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
30年前から続く超佳作シリーズ
2011-08-22 Mon 16:21
戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)
(2002/04)
神林 長平
+-C-+
商品詳細を見る

旦那様が高校生のころからずっと読んでいるシリーズなんですが、なんとまだ3冊しか出てないんですよ!30年で3冊ですよ!!どれだけ佳作なんだか。てか、なんだってまたそんなシリーズ愛読してんだか!
友人も同じ穴のムジナで、戦闘機の設定資料DVDとやらを貸してくれまして、なんかしんないけど一緒に観て、じゃちょっと読んでみようかなと思って手を出しました。
正体不明の異生体・ジャムと戦う最前線のフェアリィ軍の物語です。
聞いてたとおり、敵の正体についてまったくわかってなくて、あまりにも戦い甲斐がない戦争です。
主人公の零は暗くて非人間的で厭世的で戦闘機”雪風”だけがすべての戦士なんですが、なんかあまりにもステレオタイプでつまんなかったんです。
ところが『インディアン・サマー』あたりから俄然面白くなり、なんとなく分かり合えそうなトムが死んで、零が本当にかわいそうになりました。『スーパーフェニックス』はジャムがとっても気持ち悪かったです。
今だったらそれほど目新しくない設定ですが、30年前にこれはちょっと衝撃だったんじゃないでしょうか?
パツン!とブチ切れた終わり方だったんで、続きが気になります。
スポンサーサイト
別窓 | か行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<地味ながら続いているシリーズ | No Way Out ~出口なし~ | 無限に広がる西崎ワールド>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。