No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
趣味、革命支援
2011-06-30 Thu 22:41
チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]
(2009/06/12)
ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル 他

商品詳細を見る

チェゲバラと続けて読んでたら、兄にチェゲラッみたいだと、すごく笑われた思い出があります。
たまたまシネフィルでオンエアしてたので、見てみました。
まず1本目
アルゼンチンからキューバに入国するあたりから、国連で演説するまで。
デルトロがカッコいいです。みなさんゲリラですから、似たり寄ったりの見てくれで、さっぱり区別がつかないんですが、デルトロだけはわかるんですよ、カッコいいから。あのたれ目がたまりません。
惜しむらくは、私がキューバ革命についてまったく知識がないことでして、え?これがカストロ?アルゼンチンの人がなんでよそんちの革命手伝ってるの?ってなレベルですから、一緒に観てる旦那様は質問攻めにあってもう大変。
でもまぁ、せっかくなんで後編も観ますよ。

で、その後編なんですが、今度の戦場はボリビアです。ですがキューバの時に比べると明らかにやる気がなく、ゲバラが気の毒になりました。なんだってまたこんな国来たんでしょう。
やる気のない連中と山の中を歩き回って、農民からは密告され、果ては捕まって処刑されてしまうという、なんとも華のない展開でした。ゲリラだからずっと山の中だしー。
ゲバラがいまだ人気があるのは、純粋な革命者のまま処刑されたからなのですね。ある意味幸福な、というにはあまりに過酷な人生でした。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<魔よ、鬼よと | No Way Out ~出口なし~ | 宮部みゆきのポケットの多さ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。