No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ファンタジーの国の殺人
2011-01-28 Fri 18:51
折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
(2010/11/27)
米澤 穂信
-+A+-
商品詳細を見る

米澤さんの新境地は、なんと騎士や魔術師がいる中世でのミステリです。
びっくりしましたよ、まさかファンタジー畑に行くとは!!というのは大きな勘違いで、通常と異なる世界の縛りがあるミステリ(謎解き)でした。
英国領・ソロン島に東方から騎士が訪れます。彼はある暗殺者を追っていて、領主の命が狙われていると警告に来たのですが、案の定、翌日に領主様は無残な姿で発見されます。で、アミーナお嬢様と騎士と従者の3人で、犯人を捜すのです。
ものすごくまっとうな推理モノで、人を操る魔法とか、青銅巨人とか出てきますけど、そうゆう決まりごとを作ったなかで、容疑者の話を聞いただけで犯人を特定するというまっとうさです。地味な犯人探しが、ファンタジーの粉をかけられて、ちょっと華やかな仕上がりになっています。
有栖川有栖の”読者への挑戦”みたいに、推理の材料をすべて並べて、さあ誰が犯人だ?というサービスっぷりです。もちろんわかんなかったですよ。
まだまだ解明されていない謎があるので、もしかすると続編があるのでしょうか?そうなると、領主のおにいちゃんに比べて、度胸があって聡明なアミーナのその後が心配です。この時代、女が賢くてもろくなことがないからなぁ。

スポンサーサイト
別窓 | や行 米澤 穂信 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<幕引きは鮮やかに | No Way Out ~出口なし~ | アリス、一人でがんばる>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。