No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
満を持して貴志祐介
2010-12-21 Tue 20:22
悪の教典 上悪の教典 下悪の教典 -+SA+-
(2010/07/29)
貴志 祐介
商品詳細を見る

今年のこのミス第一位です。すごいですよ、この厚さ。
性善説に基づく学校に、サイコパスが教師として入り込んだらどうなるかというピカレスク小説ですって。ピカレスクって、こうゆうのにも使うんだなぁと、ちょっと違和感。
生徒に人気があって、同僚たちからも頼りにされている蓮実センセーがひどい目に遭う話なのかと思って読み進めていったら、とんでもない展開で、熱血先生の化けの皮が少しずつはがれていく上巻はぞくぞくしますし、大変不謹慎ですが下巻なんてもう一気読みでした。
人が簡単に死んでいく話って好きじゃないんですが、これはなんといいますかそんなくくりができる作品じゃなかったんですよ。納得のこのミス1位です。
ラストは余韻なんてもんじゃなく、子供たちのことを考えると戦慄しますね。
スポンサーサイト
別窓 | か行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ポプラ社の罪 | No Way Out ~出口なし~ | 豪華な脇役たち>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。