No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
つめあわせアソート
2010-11-18 Thu 18:45
竜が最後に帰る場所竜が最後に帰る場所
(2010/09/17)
恒川 光太郎
-+C+-
商品詳細を見る


あいかわらず美しくて妖しいお話の短編集です。今回はノン・シリーズなので、前作のように最後にひとつの大きな物語にはなりません。ちょっと物足りない気がしました。
雪道だったり南の島だったり、日本だったり特にテーマがない分、つめあわせのような感じです。よせあつめではありませんよ。
『夜行の冬』は一晩かけて歩くと、同じ町だけど違う世界にたどり着くという、心惹かれるパラレルワールドものでした。
鸚鵡の集合体であった男のとっても奇妙な『鸚鵡幻想曲』は、話の転がり方が面白かったです。そのまま島の女性と仲良く暮らしてほしいものです。
スポンサーサイト
別窓 | た行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<主題歌をまだ歌える自分に驚く | No Way Out ~出口なし~ | 女子が夢見るファンタジー>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。