No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
愛と平成の色男
2010-10-14 Thu 21:25
バイバイ、ブラックバードバイバイ、ブラックバード
(2010/06/30)
伊坂 幸太郎
-+A+-
商品詳細を見る

太宰治の『グッドバイ』、むかーし読んだことがあったんですけど、こんな話だっけ?うーん…。あ!そういやそうだ。女たちと別れるのに、美女を雇ってどうとかって話でしたっけ。
伊坂版はもっと悲惨。詳細は語られませんが、膨大な借金と何やらお偉いさんの機嫌を損ねたとかで、一度乗ったら人として帰ってこれない『あのバス』に乗せられる星野くんと、それを見張っている繭美という大女。この二人が、星野君の彼女たち(5人!)に別れを告げに行くという連作集です。
繭美のキャラも最高なんですが、3番目の女性”ひとりキャッツアイ”が最高におかしかったです。今でも笑いがこみ上げてきます。
5股かけていた星野くんですが、なかなか味のある男で、女性たちがついつい惹かれてしまうというのもわかります。バカでかわいいっていうか。繭美もそうだったんじゃないでしょうか?ラストのポツーンとした終わり方がよかったです。

これって出版社の企画で、抽選であたった50人に1篇ずつ配達されたんですって。いや~、それって生殺しでしょう。他の章だって絶対読みたくなりますもん。こうしてまとまった本で読むことができて、本当によかったです、私。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 伊坂 幸太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<すずちゃんがどんどんブ●になってくような... | No Way Out ~出口なし~ | あざといっす>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。