No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
次なる巷説は西へ
2010-09-20 Mon 18:17
西巷説百物語 (怪BOOKS)西巷説百物語 (怪BOOKS)
(2010/07/24)
京極 夏彦
-+A+-
商品詳細を見る


久しぶりの巷説シリーズ、又市が大阪方面で活躍するのかと思いきや、『前-』にも登場していた靄舟の林蔵が主人公です。決め台詞は”これで終いの金比羅さんや”ちょっといい男らしいんで、意外に思いました。や、ばっちくなきゃダメってわけじゃないんですけど。
娘と番頭に駆け落ちされてしまった大店の主、女房が鍛冶が婆にとって代わられた刀匠、5年ぶりに帰ってきた子供は豆狸に育てられていた。そんな不思議が6編。
で、最後の書き下ろしになるんですが、なんと又市どころか、百介さんまで出てきます。京極先生大盤振る舞いですね。
京極先生の短編はなんかどこかで読んだ気が…、というものも結構あるんですが、このシリーズはそんなことまるで気になりません。キャラクター小説だからでしょうね。あっという間に靄舟に乗せられてしまってました。
でもやっぱり又市がいいなぁ。
スポンサーサイト
別窓 | か行 京極夏彦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ラングドンだけが知っている | No Way Out ~出口なし~ | 池田秀一が!>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。