No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
賞賛される最後の闘い
2010-04-16 Fri 18:29
バンド・オブ・ブラザース コンプリート・ボックス [DVD]バンド・オブ・ブラザース コンプリート・ボックス [DVD]
(2007/03/09)
ダミアン・ルイスデヴィッド・シュワイマー

商品詳細を見る

戦争映画大好きなハチ(旦那様)が借りてきた海外ドラマ。全10話ですって。まいったなぁ。あんまり得意なジャンルじゃないんですよね。
第二次世界大戦でノルマンディ上陸をした、アメリカ空挺部隊の創設から終戦までを描いた3年半です。
訓練時代がつまらなくって。サド教官がいるんですけど、うまいなーというくらい憎たらしかったです。
前線に送られてからのE中隊の活躍は目覚しく、とても面白かったです。
彼らの戦いって、映画でいうところの『史上最大の作戦』や『バルジ大作戦』なんですよ。ヨーロッパ戦線ってまるで知らないんで、ハチの解説がありがたかったです。
登場人物が多すぎて、一人ひとりにちゃんとかまってあげてないのが残念でした。死神のスピアーズとかお気に入りだったんで、もっと掘り下げて欲しかったです。
このあとの朝鮮戦争、ベトナム戦争と違って、アメリカが母国のために戦った最後の戦争で、ハチによると帰還兵が”よくやった”と迎えてもらったのは、これが最後だったそうです。だからドラマになるんだね。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<これでおしまい | No Way Out ~出口なし~ | 憎みきれないろくでなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。