No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
つまならい順に並べてみました
2006-10-21 Sat 23:44
LOVE or LIKE LOVE or LIKE
石田 衣良、中村 航 他 (2006/07)
祥伝社

-+B+-

旬の作家が書く、恋愛短編集、第2段。今回もつまらない順に紹介

石田衣良『リアルラブ?』はセックスフレンドの男女が、お互い相手の思い人とうまくいくよう応援するけど、恋に破れる話。どうしてこの人のセックス描写はこんなにこっ恥ずかしいんでしょう。
山本幸久『ネコ・ノ・デコ』錦糸町で輸入雑貨を営む主人公のところに、思い出したくない高校時代を知る友人がやってくる。これはイヤな話だった。
真伏修三『わかれ道』転校生の美少女になぜか好かれてどうしていいのかわからない主人公、実は彼女は重い病で…。ここからどうなるのかな?と思ったところで終わっちゃいました、残念。
本多孝好『DEAR』小学校の同窓会、仲良し3人と初恋の女の子のちょっと哀しい思い出話と、現在。結局大人になった彼女は現れず、子供の頃3人のうち誰が好きだったのかもわからずで、ちょっと肩透かし
中田永一『なみうちぎわ』おぼれている小学生を助けてそのまま植物状態になった姫子が5年ぶりに目覚めて、大きくなった小学生、小太郎と再会する。これはちょっとミステリ色もあってとてもよかった。
しかし第1位は中村航『ハミングライフ』野良猫にエサをあげたのをキッカケに、木のウロを介してもう一人のネコ好きとの文通が始まった藍。こんな話あり得ないよなと思いつつも、その交信の内容があまりにも脱力系というかだるだるでよかったです。絵もかわいかったし。この人の話はまた読んでみたいです

で、アンソロジーでは一番気に入った作者を代表にするんで、これは『な行』に入れました
スポンサーサイト
別窓 | な行 中村 航 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<働く意欲、生きる糧 | No Way Out ~出口なし~ | 愛情と狂気の間で>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。