No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ワンパターンもなんのその
2010-05-19 Wed 19:18
南の子供が夜いくところ南の子供が夜いくところ
(2010/02/27)
恒川 光太郎
-+B+-
商品詳細を見る

南方にある島をめぐる、不思議な連作集。呪術師のユナが狂言回しのような役割です。
表題作は、いきなりストンと終わってしまうので、なんだこりゃ?と思うのですが、そのあとのお話で少しずつ輪郭が見えてきます。ユナが呪術師になったいきさつや、島の不思議ないいつたえやら。最終話は、1話目でバラバラになった家族のお父さんが、奇妙な果樹園に迷い込んでしまう話です。一応これで1冊のお話がとじたのかな。
物知りの男が『オン』の出身だというくだりがありました。『雷の~』の世界にもちょっとだけつながってるんですね。だからでしょうか、似たような話だなぁと言ってしまえばそれまでです。でも南国のむしむしした美しい極彩色で、ちょっといい加減な感じが楽しめました。
スポンサーサイト
別窓 | た行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<補遺ほい | No Way Out ~出口なし~ | どこまでもトホホ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。