No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
幻滅の錯覚
2006-10-17 Tue 00:08
大陸横断超特急 大陸横断超特急
ジーン・ワイルダー (1986/10/21)
松竹


今月のシネフィル・イマジカは70年代特集なのでしょうか?これも子供の頃テレビで見たので、懐かしくて再鑑賞。
ロス-シカゴを2晩かけて走る長距離列車、シルバー・クリーク(弾丸号)
ジーン・ワイルダーはそこで起きた殺人事件に巻き込まれて列車から放り出されたり、飛行機や車で列車を追いかけたり、黒人の変装をしたりして悪党に立ち向かいます。ラストで暴走した列車が駅につっこむシーンは圧巻。この場面はパロディ映画(フライング・ハイ)にも使われてました
コメディでサスペンスでミステリなんですって。たくさん詰め込みすぎて、どれも中途半端におわっています。ついでに言うとさして若くもないヒロインと美男でもない主人公のラブシーンは、ちょっと勘弁です
ワイルダーはリチャード・プライヤあってこその面白さなのに、プライヤの登場は後半からなので絡みが少なくて残念です。それとテレビで見たときにあんなに面白かったのは、おそらく広川太一郎さんの吹き替えのおかげかと。天才ですね、あのしゃべくりは。
悪役には007シリーズのジョーズ(なつかしー)と、『プリズナー・ナンバー6』のパトリック・マクグーハン!!またプリズナー通しで観たくなりました
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<完売御礼、おめでとう | No Way Out ~出口なし~ | 恋する女は無敵です>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。