No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
邦題はディーバがつけたそうな
2010-03-25 Thu 18:21
ソウル・コレクターソウル・コレクター
(2009/10/29)
ジェフリー・ディーヴァー
-+B+-
商品詳細を見る

今回の犯人は”すべてを知る男”です。消費者の動向を知るために収集されている購入データ。これを悪用して、自分の罪を他人にかぶせるという、とんでもない犯人です。
濡れ衣を着せられた男がライムのいとこで、彼を助けるために少ない証拠から犯人を追いかけます。
物的証拠が絶対のライムにしては、今回は勘に頼るところが多かったような気がします。アメリアが犯人に近づいたのも、見当違いの物的証拠からでしたし。ただのデータからその人物の情報を読み取る能力があるという犯人には、おぉっと思いますが、ちょっと弱いかなぁ。そちらより、ちらちらと伏線を走るウォッチメーカーとの対決のほうが楽しみです。

いとこのアーサーとライムは若い頃に女の子のことで険悪になったこともありまして、ライムの青春時代を垣間見ることができるのが楽しかったです。あら、ライムにもそんな初々しい失恋話があったのねと。
かわりにパムの不倫話は蛇足だったかな。
スポンサーサイト
別窓 | 海外の作家  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<男一匹純情一途 | No Way Out ~出口なし~ | ないないづくし>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。