No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
完売御礼、おめでとう
2006-10-17 Tue 23:38
クドリャフカの順番―「十文字」事件 クドリャフカの順番―「十文字」事件
米澤 穂信 (2005/07)
角川書店

-+B+-

古典部シリーズ3作目
ついに文化祭が始まりました。古典部も文集『氷菓』を上梓しました。が、手違いで30部のはずが200部も刷ってしまい、青くなる古典部メンバー
一部でも多く売ろうとする古典部の奮闘をベースに、文化祭で起こった『十文字事件』の謎解きがメインです
里志はイベントに出場し古典部の宣伝をしたり、千反田はマスコミ系(放送部とか新聞部)に売り込みをします。その合間に描かれている文化祭の様子がとても楽しそうです。学生の頃を思い出しました(さすがに50も文化部ありませんでしたけど...)。

前2作で女性キャラたちがあんまり好きではないと言いましたが、ちょっと見方が変わりました。今までホータローの一人称だったのですが、今回4人がそれぞれ一人称で語るので内面を垣間見ることができたからです。いつも無神経スレスレの無邪気さで『私、気になります』爆弾を投下する千反田は、一応セーブしてるんですね、あれで。ホータローや里志に毒舌を吐く摩耶花も、案外気苦労があるんだね、という感じで。里志の3人に対する個人評も興味深かったです。
しかしですよ、肝心の十文字事件ですが、およそ現実的でないんですよ、手法が。言い出しにくいことだからって、あんなことしますか、普通。いえ、小説だからアリなんでしょうけど、その点が興醒めでした。動機も納得できるし、ホータローの謎解きも破綻なくお見事。だからって、こんな手段使わないでしょう。ツメともいえる名前の読み方を最後まで明かさないのもアンフェアです

そして同人誌が重要な役割を果たすんですけど、これが恥ずかしい。や、お里が知れますが私もマンガオタクなもので、摩耶花が『宝物』の同人誌を熱く語るところなんかもう。わかるんですけど、もっと他の媒体はなかったんでしょうか。あー、恥ずかしい

1作目から文化祭に向けて活動してきた古典部ですが、そのお祭りも終わってしまいました。さて、今後の展開はどうなるのでしょう。そして2組の男女の関係は?私、気になります(笑)

スポンサーサイト
別窓 | や行 米澤 穂信 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<愛情と狂気の間で | No Way Out ~出口なし~ | 幻滅の錯覚>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。