No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
わからなくっても大丈夫
2010-01-08 Fri 17:52
2001年宇宙の旅 [DVD]2001年宇宙の旅 [DVD]
(2008/09/10)
キア・デュリアゲイリー・ロックウッド

商品詳細を見る

早稲田松竹の新春映画、今年は2001年です。またツボついてきますねぇ。
過去2回ほど観てますが、毎度わからんちんです。年齢だけは重ねてきたので、そろそろ観てみようかなと思い、20年ぶりの2001年です。結果、やっぱりわかりませんでした。そもそもキューブリック自体、説明を放棄しているわけで
わらないくてもいいんだということがわかりました。
しかしこれ1968年の映画ですよね。CGもなんもない時代にすごいですね。小さい模型を作ったり、透明のパネルにペンをくっつけて無重力状態を作ったりと、アイデア盛りだくさん。なんていうか、モノづくりっていいなーって思いました。
そして失礼ながら、SFはこの時代からまったく進化していないんですね。しかたがないのかもしれませんが、21世紀を迎えますます萎縮している気がします。がんばれ、SF。星先生も応援してるぞ。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<夕士、ママになる | No Way Out ~出口なし~ | この設定が残念で>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。