No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
雪平刑事が帰ってきた
2009-12-09 Wed 18:51
殺してもいい命---刑事 雪平夏見殺してもいい命---刑事 雪平夏見
(2009/10/16)
秦 建日子
-+C+-
商品詳細を見る

無駄に美しい、雪平刑事シリーズ第3弾です。
番宣でしか見たことないんですが、篠原涼子のイメージで読んでいます。やりやすいでしょうね、こうゆう役って。

さて、前2作を経て、少しは親子関係が改善されたフシのある雪平と娘の美央ですが、あろうことか元・ダンナが殺害され、第一発見者は雪平です。フクロウという殺し屋のメッセージが残されていて、第二、第三の犠牲者が…、といった具合ではじまります。
今回、母親としての雪平を垣間見ることができて、なんかせつなくなりましたねー。生意気だなぁと思っていた娘も案外健気で。だからこそ、真相はちょっと酷でしたね。フクロウというキャラも動機もそこそこいいんですけど、捜査が偶然と幸運の産物なのが残念です。ミステリっぽくなかったし。犯人との対峙場面もドラマっぽいしなぁ。雪平は非常に魅力的なキャラだけに、既存のドラマや映画の女刑事の型にはまりやすいのが諸刃の剣です。
次作があるのか、ないのか。気になるラストではありました。

スポンサーサイト
別窓 | は行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<時のすぎゆくままに | No Way Out ~出口なし~ | モノつくりの業>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。