No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ダブルだなんて、おこがましい
2009-10-12 Mon 19:21
ダブル・ジョーカーダブル・ジョーカー
(2009/08/25)
柳 広司
-+B+-
商品詳細を見る
10/12
続編がでないかなぁと、思ってたらでました。うれしいです。
今回、D機関と同じような性質の風機関のリーダーが結城中佐と張り合ったり、若い頃結城中佐に煮え湯を飲まされたドイツ将校がリベンジに臨んだりします。どちらもなかなか優秀らしいんですけど、もちろん結城中佐はその上を行くわけですよ、軽々と。あぁ、カッコいいなぁ。
特に『棺』では、”魔術師”と呼ばれた若かりし頃の活躍が読めます。カッコいいなぁ。
共産主義に傾倒したスパイや、D機関の名を騙る窃盗団にかつがれた役人が主人公だったりするので、D機関の存在は話の最後までわかりませんが、いやもう、その手際の良さと言ったらお見事です。
だからこそ、最終話でのポカが際立ちます。情に竿差しゃ流されるっていうか。前作でも過去の亡霊に捕われて、冷静な判断ができなかったスパイがいましたっけ。

最終話では真珠湾攻撃がありました。登場人物が、開戦してしまえばスパイの必要性がなくなると言ってましたから、続編はないかもしれませんね。残念!

スポンサーサイト
別窓 | や行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<暗くて深いもうひとつの貌 | No Way Out ~出口なし~ | 落ちモノの王道>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。