No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
隠れた(?)ベストセラー
2009-07-27 Mon 16:09
納棺夫日記 (文春文庫)納棺夫日記 (文春文庫)
(1996/07)
青木 新門
-+C+-
商品詳細を見る

アカデミーもらって一躍脚光を浴びた『おくりびと』の元ネタとなった本です。映画の主題が最後にずれてしまったので、原作とはいわないでと、作者がおっしゃったそうです。映画はまだ観てないんですが、本書のままだったらドラマとして成立しなかったでしょうね。青木さんのナマの人生ですから、だってドラマじゃないんですもん。すこしはエンタメ色ださないと、興行になりませんからね。
3部からなっている本書は、1部、2部が実際に湯灌したときの話が書かれています。映画で広末・奥さんが言ったように”穢らわしい”と世間から忌避されている職業についた作者のココロの葛藤やら、揺れやら、達観やらをつづっています。宮澤賢治や親鸞聖人の話も大変分かりやすく、特に『永訣の朝』は印象的でした。
第3部は宗教観のようなもので、仏教用語が多いのですんなり頭に入ってきません。もっと納棺夫時代のエピソードが読みたかったなぁと思ったら、あとがきで作者にも言われました。読者カードでそういった感想が半分くらいだそうです。あぁ、ごめんなさい。私俗っぽいんで。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<非エンタメ小説 | No Way Out ~出口なし~ | 文字通り安っぽいヒロインでした>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。