No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
文字通り安っぽいヒロインでした
2009-07-23 Thu 16:07
【トランスポーター3】

地上波放送で1しか観たことがないんですが、試写会が当たったので行ってきました、ユナイテッドシネマ・豊洲。本当に限定だったみたいで、それほど混まずゆったりシートで観れました。でも映画はゆったりどころか、あなた!
運び屋のフランクがまた厄介な荷物を押し付けられて、四苦八苦します。それほど入り組んだ話ではないので、純粋にアクションが楽しめます。すごいですね、あの筋肉やカーチェイス。アウディってこんなにすごい車なの?って思っちゃいました。そしてハゲなのにカッコいいんです、フランク。この間恋人にハゲか胸毛かどちらをとる?というバカな話題で盛り上がりましたが、やっぱりハゲですよ。ハゲでもカッコいいじゃないですか、『ER』のグリーン先生みたいに。

そして華を添えてるつもりのヒロインなんですが、これがまたソバカスがすごいんです。ヨーロッパじゃ日焼けはステイタスらしんですが、あんたもうちょっとUV製品使った方がいいよ。美白とまではいかなくてもさぁ。ベッソンがが好きそうな女優さんですね。ジョヴォビッチみたいな。うなじに彫られた”安”というタトゥといい、どっかずれてるヒロインでした。この二人のロマンスははっきり言っていりませんでした。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<隠れた(?)ベストセラー | No Way Out ~出口なし~ | 有終の美を飾る最終巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。