No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
帰ってきた狐と狼
2009-06-16 Tue 17:17




秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫) 秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6) 秋期限定栗きんとん事件 (創元推理文庫)
(2009/02)
米澤 穂信
-+A+-
商品詳細を見る


久しぶりの”小市民シリーズ”です。前作で袂を分かった二人がそれからどうなったのか、もう待ちに待った新作ですよ。あれから1年以上ですから、長かったです。

驚いたことに二人とも彼氏・彼女がいます。小山内さんはおいておくとして、小鳩くんたら別人です。”小さな誤解からやきもちやいて口喧嘩”ってあんた、本人も僕にそんな日が来るなんてと言ってますが、そりゃこっちのセリフだよ!どうしちゃったの小鳩くん!あんたホントにあの小鳩常吾朗か?!
小山内さんの彼はひとつ年下の新聞部員・瓜野くん。スクープをモノにして名をあげようという結構な野心家です。彼のターゲットはこのところ市内に跋扈している、連続放火犯人です。
彼女の前でもついつい小賢しい推理を働かせてしまう小鳩君、はっきり書かれないけれど暗躍しているであろう小山内さん、大勘違い野郎の瓜野くんの空回り。フツーの高校生の日常ではないけれど、連続放火といってもボヤ程度ですから、それで上下巻もつのかなと思いましたが、もちました。というか、一気呵成に読んでしまいました。面白かったです。
やはり小鳩くんは狐で小山内さんは狼でした。特に小山内さんの復讐は天晴れと言うか、お見事と言うか、いっそ清々しくもありました。絶対に敵にまわしたくないなぁ。復讐の理由がアレじゃかわいそうな気も…。いやいや、女の子ってのは繊細なのよと、一応肩をもってみます。
次が最終巻になるのでしょうか?卒業まで6ヶ月。次が楽しみです。
しかし、辻真先の解説はイマイチでした。
スポンサーサイト
別窓 | や行 米澤 穂信 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<30年経った現在で新作が観れる慶び | No Way Out ~出口なし~ | 空も飛べるはず>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。