No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
SFなのかなぁ?
2009-05-26 Tue 19:21
パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾
-+B+-
商品詳細を見る

突然世界から人間が消えた。人間だけではなく、動物も魚も。取り残された13人に異常気象が、地殻変動が襲いかかります。果たして彼らの運命は?

P-13現象というタイムパラドックスで異世界に飛ばされた主人公たち。よくもまぁ、こんな設定を思いつきましたね。つじつま合わせるために結構苦労してるのがわかりますが、私理系オンチなんで、このへんどうでもいいです。
赤ちゃん、女、子供、年寄り、青年、中年、おでぶちゃんという雑多なメンバーをまとめるのが警察官キャリアだった誠哉。異母弟のノンキャリア冬樹もこの世界にとばされてきていますが、冷静なおにいちゃんに対して熱くてある意味無鉄砲な弟です。
食糧難、インフルエンザの流行、異常気象、大地震。極限に追い詰められた人間たち、というわりには行動がちょっとキレイすぎるかなとも思いましたが、それはことの真実を知る前だったから、まだ元の世界に還れるんじゃないかと希望を持ってたからなんですねー。
真実が明らかになってからはすべてが究極の選択で、特におにいちゃんは人類単位で未来を見据えてるから、話がものすごく大事になってしまい、お兄ちゃん大丈夫か?と怖くなりました。
自分たちに未来がないと分かったとき、こりゃいったいどう落とすのかなと思いました。一番すわりのいいラストではありましたが、後日談はちょっと出来すぎ。
スポンサーサイト
別窓 | は行 東野 圭吾 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<He is Comin' | No Way Out ~出口なし~ | アメコミを忠実に再現>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。