No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
本当におそろしいのはシリーズ化の予感
2009-04-30 Thu 18:31
おそろし 三島屋変調百物語事始おそろし 三島屋変調百物語事始
(2008/07/30)
宮部 みゆき
-+B+-
商品詳細を見る

宮部みゆきの時代もので妖しモノ。それだけでもう期待大です。
袋物屋・三島屋に身を寄せている主人の姪・おちかは、叔父の計らいで変わり百物語を聞くことになってしまいます。曼珠沙華の間から覗いていた死んだ兄、不気味な家に飲み込まれてしまった一家、生きている新妻と鏡を通して入れ替わった死者。
どれもこれも、救われない哀しい話ばかりでした。おちか自身も目の前で許婚を斬殺されるという惨い事件を体験しています。それを乗り越えるための百物語だったのですが、逆に魔物に魅入られてしまうんです。

1話完結の連作集とも少し違います。少しずつつながっているんですよね。2話目の『凶宅』に亡者たちが集まる最終話は読みごたえがありました。屋敷に巣食うものより、番頭のような姿形のあやかしが一番おそろしかったです。その存在よりも、心の一番痛いところをついてくる、それがまた真実だったりするもんだから、もういたたまれないです。<ネタバレ>亡者が揃って成仏して、めでたしめでたしなのかと安心したところに出てきましたからねー。確かにおちかは加害者の肩をもつけれど、自分も加害者であるからこそ、彼らの愚かさに感情移入してしまうんでしょう。番頭の言うような、自分可愛さだけの行動とは思いたくないのは、私もどこかでおちかのように知らず誰かを傷つけている自覚があるからでしょうか?

事始とありますから、これもシリーズ化するんでしょうか。それもいいんですけど、これ以上シリーズ増やしたら、ますます『ドリーム・バスター』完結への道が遠のくんですけど…。
スポンサーサイト
別窓 | ま行 宮部 みゆき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<実は結構楽しめました | No Way Out ~出口なし~ | もっと走ってほしかった>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。