No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
暗闇からやってくるなにか
2009-03-24 Tue 16:51
赤い月、廃駅の上に (幽BOOKS)赤い月、廃駅の上に (幽BOOKS)
(2009/02/04)
有栖川有栖
-+B+-
商品詳細を見る

鉄道マニアの著者がおくる、鉄道をテーマにした怪談・奇談短編集。
よくアリスシリーズにでてくる時刻表トリック、ああいうのが面倒なO型なのでまったく評価しないんですが、今回の短編集は駅や電車にまつわるホラーでした。とても面白かったです。

突如失踪した同僚、ジャングルの奥へ奥へと続く線路、異界に続く廃駅から現れる怪物。さすがテツだけあってうまいなぁ。死んだはずの男が常連のいる店に現れる、死の淵をさまよっている教え子が現れる、といった定番中の定番はやはり定番な出来なんですが、ヨーモラスな『最果ての鉄橋』、サゲがある『テツの百物語』、『黒い車掌』は電車に乗るのが怖くなりましたよ。
ノン・シリーズの短編集ですから、火村が妙に持ち上げられることもなく、アリスの脱力的推理を聞かされることもありません。有栖川作品というより、火村・有栖シリーズが嫌いなんですね、私。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 有栖川 有栖 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<贔屓目は大目にみて | No Way Out ~出口なし~ | キレイなものを愛でましょう>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。