No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
青春のうしろ姿
2009-03-17 Tue 18:45
ブラザー・サン シスター・ムーンブラザー・サン シスター・ムーン
(2009/01/23)
恩田 陸
-+C+-
商品詳細を見る


高校の同級生で、一時期よく一緒にいた彩音、衛、箱崎のザキザキ・トリオ。社会人となった彼らが学生時代を振り返る、なんといいますかとりとめのない小説でした。というか、小説なのか?彩音のパートはだらだらとバイトや友達の話が続き、もったいつけて語ったのは、自分が小説家になろうと無自覚に自覚していたこと、というエピソード。ぐったりしましたね。
学生の頃バンドを組んでいて、そこそこまでいった衛、映画監督となった箱崎のパートもしかり。まだこの二人の方が面白かったです。
別に何が起こるでなく、再会するでなく、ただただ学生時代を追想しています。こんなんで売れるの恩田陸だけだよなぁ。”え?だから何?”というのが、正直な感想です。そして、こんなんで読ませるのもまた恩田陸だけなんですよね。良くも悪くも、恩田陸にしか書けない小説だと思いました
スポンサーサイト
別窓 | あ行 恩田 陸 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<通じ合えないもどかしさ | No Way Out ~出口なし~ | 女子版・ブレイブストーリー>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。