No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
一行ではなく、ラスト3頁
2009-02-16 Mon 17:50
儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
(2008/11)
米澤 穂信
-+B+-
商品詳細を見る


上流家庭の使用人(またはお嬢様)たちが主役の、ブラックな連作集です。

あらゆる予想は、最後の最後に覆される――
ラスト一行の衝撃にこだわり抜いた、暗黒連作ミステリ。

とありましたが、それはあんまりでしょう?せいぜいラスト3ページくらいかと。というより、そんな最後の一撃(フィニッシングストローク)を期待するのではなく、物語全体のオチとしいうかサゲというか、締めの一文くらいの心がまえで読んだほうがいいと思います。私はラストに大どんでんがあるかと期待して読んだクチなんで、肩透かしくっちゃいました。
各話完成度にバラつきがあって、『身内に不幸がありまして』はラストが落語かと思いましたよ。”まんじゅうこわい”みたいな。
ところどころに出てくる”バベルの会”の消滅と復活を描いた最終話『儚い羊たちの晩餐』は、なんだか狐につままれたような読後でした。そもそも”アミルスタン羊”を知らなかった私ですから、効果も半減といったところでしょう。あぁ、もったいない。でもこれが一番よかったです。再読したのはこれだけ。初回とはまた違った趣で読めました。
スポンサーサイト
別窓 | や行 米澤 穂信 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<やさしくってすこしばか | No Way Out ~出口なし~ | 騙しの美学>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。