No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゴージャスなとほほっぷりだったジャパンプレミア
2008-06-29 Sun 23:53
555
【スピードレーサー】
なぜか元ネタは知らないんです。観てるはずなんですけどね、子供の頃。でもぜんぜん知らなくて、ほとんど予備知識なく観ました。
実写映画ということですが、登場人物が俳優なだけで残りは全てCG。なんだろ、ウゴウゴ・ルーガみたいなもんか?
2時間15分と聞いてゲッ!と思ったんですが、まったく退屈しなかったです。
尊敬する大好きなおにいちゃんがレースで亡くなり、弟のスピードは将来を嘱望される実力レーサーに成長しますが、未だにおにいちゃんの影を追いかけています。大手スポンサーの誘いを断ったがために、レーサー家に襲い掛かる謀略の数々。どうするスピード!?
オリジナルに結構忠実だったらしいです。家族ぐるみで巨悪と戦う、なんというか昭和40年代世話物ドラマのようなノリでした。そこはかとなく漂うレトロな雰囲気が懐かしかったです。アメリカ人に楽しめるのかなぁ。
仮にもジャパンプレミアだったんですが、なんだかわからないゲストが多数やってきて、なんとなく貧乏くさいイベントになりました。叶姉妹が出てきたときのどよめきは、あれバカにしてるんでしょうね。なんであんたたちが?みたいな。
主演の男の子がまたセンスの悪いカッコで、仮にもハリウッドセレブだろ?と確認したくなりました。
あ、でも映画はよかったですよ。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<幼年期のぐるぐる | No Way Out ~出口なし~ | 三者三様のさみしさ模様>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。