No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
幼年期のぐるぐる
2008-06-30 Mon 18:44
おんぶにだっこおんぶにだっこ
(2006/10/27)
さくら ももこ
-+B+-
商品詳細を見る

珍しく幼年時代のお話を書いたそうです。
地元も同じ、同年代なものですから、読んでてわかる、わかる~っというエピソードが多かったです。
さらに言うなら、どんな子供も同じような体験をし、同じような苦しみ、悩みを抱えていたんだなぁということです。友達のビーズをつい盗ってしまったり、不注意から小鳥を死なせてしまったり、キライな子と遊んでいて、でも帰ると言えないでぐずぐずしていたり。もちろん私にも覚えのあることばかりで、どうして子供の頃っていうのはあんな些細なことで世界が終わっちゃうような気がしたんでしょう。やらかしちまった日の夜は、どうぞ朝が来ませんようにと、本気で祈ってましたからね。
あとがきで、そうゆう初めての心の痛みを思い出してもらいたかったと言ってます。思い出しましたよ、まざまざと。それこそあれこれあふれ出て困りました。二度とあの当時には戻りたくないなぁ。
さくらももこのエッセイは鼻につくときもありますが、これは本当に良かったです。同じくらいの子供がいる親御さんとかに読んでもらいたいです。
スポンサーサイト
別窓 | さ行 その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<凍りつく最後の1行 | No Way Out ~出口なし~ | ゴージャスなとほほっぷりだったジャパンプレミア>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。