No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ハリウッド的仙台ローカル版逃亡者
2008-06-20 Fri 18:50
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎
-+A+-
商品詳細を見る

伊坂さんのインタビューによると、今まで単館系ロードショウだったので、ハリウッド映画みたいな小説を書こうと思って書いたのがこれだそうです。伊坂版・逃亡者だそうですが、やっぱり舞台が仙台ということもあって、ちょいと小ぶり、ハリウッド的とはいえません。地味っちゃあ、地味。でも面白かったです。
首相を爆死させた犯人として、国家的に濡れ衣を着せられた青柳が、仙台市内を逃げ回ります。
うまいなぁと思ったのは、まず事件が起こり、それをまったくの第三者の目(テレビを観ている視聴者)を通して経過を伝え、その20年後のルポタージュで事件後に起きた関係者の多すぎる死を知ります。それからやっと真打ち登場。青柳くんの長い長い3日間です。
昔の恋人や、以前の職場の同僚、連続殺人犯のキルオなどなど、さまざまな脇役たちがアオヤギを手助けします。思い出と現在が交差して語られ、その伏線がビシバシ決まるところはやはり爽快です。
クライマックスは逃げられるのか、どうか。国家権力が相手ですから、すっきりしたラストではないだろうなと予想してましたが、いやいや伊坂さんだし、どうゆう幕引きになるのかなと楽しみにしながら読みました。まぁ、一番無難なラストでした(褒めている)。半年後の後日譚も伊坂さんらしいです。
今回はパラレルワールドっぽい日本が舞台でしたが、国民のプライバシーを侵害しまくるセキュリティ・ポッドや、国家ぐるみの冤罪捏造とか、現実でもありえそうな設定に、ちょっと背筋が寒くなりますね。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 伊坂 幸太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<いや~、ご馳走様でした | No Way Out ~出口なし~ | 伊達でない伊達男たち>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。