No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
猫はいいけど、針はどこ?
2008-05-22 Thu 19:10
猫と針猫と針
(2008/02)
恩田 陸
-+C+-
商品詳細を見る

劇団キャラメルボックスのために書き下ろした戯曲だそうです。男女5人の密室劇。
高校時代の同窓生が友人の葬式帰りに集まって、酒を飲みながら近況や高校時代のことを語り合います。自主映画フィルムの盗難事件、けんちん汁の集団食中毒と話は不穏な方向へと向かいます。
恩田陸な戯曲でした。閉じてないんです、まったく。”ひっぱって”第一幕終了とか小説の章立てみたいですし、セリフも恩田陸。そしてなにひとつ真相は解明されないまま終幕です。
芝居観てないんでなんともいえませんが、あとがきで鴻上さんが言ってらしたように、小説家が書くような芝居だったんでしょう。これを見たキャラメルファンはどういう感想を持ったのか、興味深いです。
私はほら、慣れてるから怒りませんよ。。
できればこれをちゃんとした小説にして欲しいんですけどねー。恩田節バリバリの。芝居の台本ってしばりが多いから。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 恩田 陸 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<フランス人がハリウッド的娯楽映画を作っちゃダメなんですって。 | No Way Out ~出口なし~ | オペラ座でファウスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。