No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
よくしゃべる三船はなんか違和感がある
2008-05-05 Mon 23:12
野良犬<普及版>野良犬<普及版>
(2007/12/07)
三船敏郎;志村喬;清水元;河村黎吉

商品詳細を見る

黒澤明・没後10年ということで、BSで30作すべてオンエアするそうです。
で、本日は『野良犬』。昼間もずっと黒澤アーカイブスを観てて、なんとなく流れで。
拳銃を掏られた刑事を三船俊郎。彼を指導し一緒に犯人を追うベテラン刑事に志村喬という、黒澤映画の常連役者が主人公。戦後間もない東京を2人の刑事がコツコツ歩き回ります。この捜査の流れに沿ったストーリー構成というのは、のちの刑事ドラマのはしりだそうですが、わたしゃ観ててとにかく暑かった。舞台が真夏の東京なんです。走る刑事も逃げる犯人も、関係者も脇役もみーんな汗かいてる。三船が復員兵の格好でドヤ街を歩き回るシーンの暑苦しいことよ。モノクロだってのに、ギラギラ照り付けてるんですよ太陽が。
わずかな手がかりから犯人を追い詰めていく様がとても面白かったんですが、いかにせん画面が暑かったです。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<スカパーで映画マラソン | No Way Out ~出口なし~ | 藤竜也の純愛ぶりを、とくとご覧じろ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。