No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
どんでん、どんでん、またどんでん
2008-03-30 Sun 20:03
ウォッチメイカーウォッチメイカー
(2007/10)
ジェフリー・ディーヴァー
-+SA+-
商品詳細を見る

愛するリンカーン・ライムシリーズ最新作です。なんと、このミス海外部門1位。
まったく証拠を残さない連続殺人犯・自称”ウォッチ・メーカー”がライムたちの前に立ちはだかります。それと同時進行して、サックスは警察署内の汚職警官の捜査をしているうちに、父親が不正を働いていたことを知ってしまいます。泣くサックスを見ながら、ライムが抱きしめて慰めてやりたいのにと、四肢を動かせない自分の身体を恨めしく思う描写が良かったです。ライムがそんなふうに愛情を示すのって珍しいから。
でまあ、いつもどおり物的証拠とライムの推理で徐々にウォッチ・メーカーは追い詰められ、思わぬところで警察内汚職事件と繋がります。繋がるだろうなとは思ってましたが、こうくるとは!ところがさらにそこからどんでん!残りページ数が多かったので何かあるだろうと構えていましたが、さらにまたもやどんでんが!ディーバ先生、ちょっと待って。と、ページをさかのぼることしばしばでした。しかし面倒臭いことする犯人だよなぁ。冷静に読んでみれば、およそ現実的ではないのですが、まいいか。半分キャラクター小説みたいなもんだし。
レギュラー陣も健在で、トムもロンもメルも登場します。贔屓のデルレイは今回もで晩が少なくて残念。前作からのキャラでサックスの助手になったプラスキー。殺されるんじゃないかとハラハラしました(相当気に入ってるらしい)。尋問のスペシャリスト、ダンスが出てきます。ロンとくっつくかと思ったんですけど、それはまた先の話になるんでしょうかね。なんでもダンス捜査官が主人公の新作が出たそうです。これもシリーズ化なるか?
シリーズ化といえば、今回ライムが<ネタバレ>犯人を取り逃がしたのって初めてで、両者悼み分けって感じでしたが、今後再登場させるつもりなんでしょうかね?
『ボーンコレクター』の意外な登場人物が出てきて、もっかい再読したくなりました。
スポンサーサイト
別窓 | 海外の作家  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『しゃばけ』もどきの人情噺 | No Way Out ~出口なし~ | タケちゃんバンザイ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。