No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ウミノさんの新しい世界
2008-02-23 Sat 18:00
3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
(2008/02/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

『ハチクロ』の連載当時から、次は青年誌で将棋マンガを描くというのは聞いてました。
しかしその雑誌がヤングアニマルとは。水着のおねえちゃんが胸よせてニッコリしてるような表紙の雑誌ですよ。はぁぁぁぁ~...。
というわけで雑誌では読まず(読めず)、待ちに待った第一巻です。
将棋マンガといえば『月下の棋士』がまず頭に浮かびますが、さてウミノさんはどんな将棋マンガにするんだろうと思ったら、結構イタイ話です。

主人公の零くんは、家族を事故で亡くし、父親の友人でプロ棋士のおじさんの家に引き取られます。その”将棋の家”にはプロを目指すおじさんの本当の子供2人がいて、いろいろ気を遣ったり自責の念にかられたりと苦労します。17歳でプロになり、その家を出ますが、心の傷は癒えていません。
とまぁ、重い過去を抱えたちょっとマイナス思考の主人公が、月島で知り合ったあかりさん姉妹に癒されていくっていう話なんですかねぇ。他の登場人物も少しずつ重い荷物を背負っているようで、今後の展開もまた一筋縄ではいなんのだろうなぁと、読んでいて痛々しいです(でも楽しみ)。
しかしヤングアニマルを読んだことがないんですが、この作風でこの雑誌大丈夫なんでしょうか?
スポンサーサイト
別窓 | たまには漫画  | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<しかしなんでコレを? | No Way Out ~出口なし~ | いい脚本だけにもったいない>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。