No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ギャングにも日常はあるんですね
2006-09-15 Fri 11:52
陽気なギャングの日常と襲撃 陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎 (2006/05)
祥伝社

-+A+-

『陽気なギャング…』の続編です。
第1章は例の4人個々の短編で、なんだかゴタゴタに巻き込まれて(というか首をつっこんで)います。成瀬は仕事中にヤク中の男がマンションの屋上で人質をとって立て篭もっているのを見物します。響野は店の常連の部屋からいなくなった『幻の女』を探します。雪子は職場の同僚に送られてきた芝居のチケットの謎を探り、久遠はたまたま暴漢に襲われている男を助け、おもしろいからそのままその犯人を探し始めます。
で、これらのピースがちょっとずつはめ込まれた長編にむかうんですけど、今回は銀行強盗ではなく、成瀬の部下の彼女を誘拐犯から助けるという、ちょっとらしくない事件でした。まぁおもしろかったんですけど。

著者が途中で長編に切り換えたように、このシリーズは(というか、伊坂作品は)長編の方がおもしろい。このちょっとしたリンクが伊坂流といいますか。今回登場人物や出来事が多すぎて、追いかけるのが大変でした。この厚さには少し欲張りすぎかなとも思えます
この4人が一般の人にどんなふうに思われているか、それが私的にはとても楽しかったです。このキャラたちがとても気に入ってるものですから(笑)成瀬のような上司、いてくれたらいいよなぁ、響野の店にも通っちゃうぞ、みたいな。
スポンサーサイト
別窓 | あ行 伊坂 幸太郎 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<サゲが駄洒落でいいんかい? | No Way Out ~出口なし~ | 飛鳥、恐ろしい子...。(笑)>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。