No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
YAと思ってあなどるなかれ
2008-02-21 Thu 18:40
妖怪アパートの幽雅な日常〈1〉 (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常〈1〉 (YA!ENTERTAINMENT)
(2003/10)
香月 日輪
-+B+-
商品詳細を見る

講談社のヤングアダルトシリーズという若年齢向けなんですが、ダヴィンチの紹介を読んで手を伸ばしてみました。
事故で両親を亡くし、親戚の家で窮屈に暮らしていた夕士は、寮のある高校に合格し喜んでいたのもつかの間。寮が火事で焼けてしまいます。親戚の家から通いたくない、でも経済的に余裕のない夕士は、賄いつきで25,000円という破格の安アパートを借りることにします。うまい話には裏があり、不動産屋が”でるんだよ、アレが”と言う、いわくつきの妖怪アパートでした。

一癖もふた癖ももある住人に、人間でないモノたち。まさにキャラクター小説。私のような元・オタクにはツボ押さえまくりのお話でした。詩人や画家や、うさんくさい骨董屋、除霊師の龍さんもカッコいいですし。オバケなのにサラリーマンをしている佐藤さんや、料理上手なるりさん、成仏できないクリとシロ。こんなこの世のものならぬモノたちとの交流を経て成長していく、ファンタジー成長物語です。自立したい、早く大人になりたいと精一杯つっぱらかってる夕士が、住人たちのおかげで徐々にほぐされていく様が心温まります。

特に大きな事件が起こるわけではない(いえ、妖怪と住んでる時点で大事件ですが)ので、物足りなさはありますが、それでもおもしろかったです。続きが楽しみ
スポンサーサイト
別窓 | か行 香月 日輪 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<いい脚本だけにもったいない | No Way Out ~出口なし~ | 続編作る気満々?>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。