No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
IT内部統制ってこんな感じよ
2008-01-29 Tue 23:08
未来世紀ブラジル未来世紀ブラジル
(2004/11/25)
ジョナサン・プライス、ロバート・デ・ニーロ 他

商品詳細を見る

CSでも見ていますが、劇場で観たくて再度鑑賞。人気のカルトSFだけあって、平日の夜でもなかなかの入りです。
今回はこれをコメディとして観てみることにしました。不条理なモンティパイソンの笑いです。電報の内容を歌って伝えるサービスなんかくだらなくて笑えました。”遅延が多いって苦情がきてるの”ですって。
主人公のサムは、夢の中のヒロインそっくりなジルを現実で見かけて、彼女を求めてまっしぐら。それまでの日和見主義がウソのような行動力です。やっと言葉を交わせたと思ったら、爆弾事件が起こり逮捕されてしまいます。
ラストを知っているので、今回は噛み締めながら観ましたが、知っていてもやはり愕然としますね。
しかし一生懸命が空回りするサムはホントに鬱陶しくて、こいつ絶対DT(©みうらじゅん)ですよ。ジルと結ばれておいてよかったね
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<15Rでも甘いかも | No Way Out ~出口なし~ | サスペンスでミステリでファンタジー>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。