No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
15Rでも甘いかも
2008-01-30 Wed 19:24


【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】

以前からかけがえのない二人と思っていたのですが雑誌によると、ティム・バートンがぼそぼそとしゃべった言葉を、スタッフは誰も聞き取れないのに、ジョニーだけはちゃんとわかるんですって。ホントにお互いとりかえのきかない人なんですね。そんな二人の新しい映画です。こりゃもう観ないとですよ。(笑)

オープニングからいきなり歌いだしたんでビックリしました。あ、そうだ。これミュージカルでした。日本では市村正親と大竹しのぶで演ったそうです。うわ~、2人ともハマりそう。
妻に横恋慕した判事が、その亭主を無実の罪で投獄、貞操を奪われた妻は服毒自殺。愛娘は憎い仇が後見人として育てていて彼女に結婚を迫るという、まるで時代劇のような設定です。
説明はありませんでしたが、恐らく脱獄したであろう主人公は名前をトッドと変え、復讐を誓います。以前から彼を好きだったパイ屋の未亡人は、実益も兼ねて彼の復讐を手助けします。美しく成長した生き別れの娘、彼女に岡惚れする船乗りにしてはずいぶん線が細くてキレイな青年、悪徳判事に腰巾着。とてもわかりやすいです。<ネタバレ>妙に話に絡んでくる脇役がいるなぁと思ったら、ラストで正体に驚きました。おぉ、そうきたか、と。

画面やカメラワークはティム・バートンらしく美しいです。でもそれだけなんですよねぇ。舞台の話を映画にしているので、話が雑把なんですよ。”へい!大トロお待ち!”ってな感じで、ものすごく大味です。脂がのりすぎてて、わさびの味がまったくしません。まぁ、ミュージカルだしなぁ。芝居で観たら、もっと違う感想だったかもです。
これでゴールデン・グローブ賞...。他に対抗馬いなかったんでしょうか?
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<雪の降る夜はたのしい横溝 | No Way Out ~出口なし~ | IT内部統制ってこんな感じよ>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。