No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
あと1冊で終わらせられるか?
2007-10-25 Thu 11:44
図書館危機 図書館危機
有川 浩 (2007/02)
メディアワークス
-+B+-
この商品の詳細を見る

続けて『図書館危機』です。前回がそれこそ月9ドラマのような見事な”引き”だったので、間をおかずに読めてよかったです。
その前回の”引き”というのが、堂上こそが郁の王子様だとわかってしまい、えーーーーっ!と愕然とするところで終わってました。今回は過去のいきさつを思い出して悶絶したり、ちょっとしたことに乙女心がときめいたりと、郁がぐるぐるで大変でした。読んでて面白かったです。や、もうホントこの2人はお約束なバカップルなんで、安心して読めますね。
そんな2人の甘々なやり取りとは裏腹に、物語の方は結構キナ臭く、死者こそでていないものの負傷者続出、主要キャラも重傷を負い、郁も今回初めて人に向けて発砲しています。ラブコメ部分に目を奪われがちでしたが、この小説は戦争部分も含んでたんだっけなぁと、今更ながら思い出しました。こんな時代にならないといいんですけど

作者は次で最後と言ってますが、どうまとめるんでしょう?ここまできたら、おそらく甘々なハッピーエンドでしょうけど、どうか、どうか手塚と柴崎の2人をよろしくお願いします!
スポンサーサイト
別窓 | あ行 有川 浩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ドライな『そして誰もいなくなった』 | No Way Out ~出口なし~ | サブキャラに拍手>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。