No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
天然記念物に指定しておけばよかった頃のジュリー
2007-10-11 Thu 23:44
太陽を盗んだ男 太陽を盗んだ男
沢田研二、菅原文太 他 (2006/06/23)
ショウゲート

この商品の詳細を見る

子供の頃に観たこのトンデモ映画。まさか大きな画面で観れるとは思いませんでしたよ。長生きはするもんですなぁ。ありがとう、早稲田松竹。

理科を教えている中学校の教師・城戸は、東海村の原発からプルトニウムを盗み、自宅で原爆を作ります。ジュリーが先生だなんて、なんてステキな学校なんでしょう。越境してでも転校しますね。

城戸は原爆を使って日本政府を脅迫しますが、まず手始めにナイター中継を最後まで放送するよう要求します。この頃は中継の延長なんてなかったし、巨人戦も人気があったんですよね。長島が監督で王が現役です。なつかし~。
城戸は、原爆に映る自分に向かって『お前はなにがしたいんだ』と呟くのです。作ることが目的だったのですから、思いつくわけがありません。
結局ラジオDJの希望”ローリングストーンズを来日させて”を要求します。このDJ役の池上季美子が映画に華を添えているんだか、いないんだか。声がかん高くてうるさいです。
若かりし風間杜夫もディレクター役で毒にも薬にもならない演技をしています。交番の巡査に水谷豊、サラ金の取立て屋に西田敏行と、今見るとなかなか豪華なキャスティングです。皆さん若いです。

それにしても一番の出色は菅原文太です。所轄の警部・山下は、以前バスジャックに遭った時に助けてくれた刑事です。これを菅原文太が怪演。すごいですよ、ヘリコプターに掴まって空から城戸を追跡。そして結構な高度から地面に飛び降りますが、生きてます。足がじーんとするだけです。クライマックスの対決シーン、ジュリーに散々撃たれるのに何度も立ち上がってくるのです。”どっこい生きてる”ってフレーズが浮かんだら、もうおかしくてしょうがありませんでした。や、申し訳ない。

原発からプルトニウム盗んで原爆を作るというストーリーは、当時としては相当きわどかったんじゃないでしょうか。冒頭からして、皇居前に神風特攻服のバスジャック犯が立て籠もり”天皇とお話がしたい!”ですからね。なんとこのシーンは許可をとらずゲリラ撮影だったそうです。さすが長谷川監督。
時間も180分と長く、興行的にあたらなかったのもむべなるかなと。ですが、病気になって死ぬとか、死んだあの人が還ってくるだとかっていう泣かせるのが目的の映画より、いつまでも語り継がれる傑作・怪作だと思います。たとえ一部のコアなファンだけの間であっても。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<優れた続編は稀である | No Way Out ~出口なし~ | お、これはうまいタイトル>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。