No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
イカキョーで実はSF
2007-10-07 Sun 23:31
四畳半神話大系 四畳半神話大系
森見 登美彦 (2004/12)
太田出版
-+A+-
この商品の詳細を見る

森見さんの2作目は、実はSFだったのです

3回生になった主人公は、小津という宿敵かつ盟友のせいで薔薇色のキャンパスライフとは程遠い生活を送っています。あの時、映画サークル”みそぎ”に入らなかったら。ソフトボールサークル”ほんわか”に入っていたら、もっとマシな学生生活を送っていただろう。秘密機関”福猫飯店”でも、”弟子求む”のビラでもいい、小津と出会わずに有意義な学生生活を送っただろうと。
その4つの世界、パラレルワールドが4章にわたって語られています。

いや~、おもしろかったです。なんといっても小津のキャラが最高です。そして主人公が1年の時に選んだサークルによって語られる、まったく違うけど結局同じ結末。キーワードで出てくる”コロッセオ”やもちぐま、香織さんに蛾の大群、猫ラーメンもおいしそうです。
第4章で語られる四畳半世界で、この本の謎が解けるのです(とけるのか?)。うまいですね。
樋口さんや羽貫さんはこの頃からのキャラクターだったんですね。他にも図書館警察やら、自転車にこやか整理軍やら、おなじみの団体がうれしかったです。森見世界は、すべての作品にリンクしているのですね。もっかい最初から読み直したくなりました。
スポンサーサイト
別窓 | ま行 森見 登美彦 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あぁ、もうほんとにごめんなさい | No Way Out ~出口なし~ | この監督は要注意>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。