No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
なんでもないことをとんでもないことに見せる
2007-09-26 Wed 21:05
マルホランド・ドライブ マルホランド・ドライブ
ナオミ・ワッツ、ローラ・エレナ・ハリング 他 (2002/08/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

劇場で見たことがなかったので、いそいそと鑑賞。はじめて観た時はラストで『はいぃぃぃぃ...??』と疑問符の嵐だったんですが、今回おさらいしてから臨んだので、理解度はかなり上がってます。

交通事故で記憶をなくした謎の美女リタと、彼女を助ける女優志願のジュディ。
バックに入っていた大金と青い鍵。謎の男たち、女の死体、不気味な劇場。『ツイン・ピークス』の頃のリンチ・テイストが味わえます。
そしてナオミ・ワッツの女優魂!泣かず飛ばずのところ、この映画に大抜擢されたらしいんですが、おっぱい丸出しのレズシーンや、泣きながら自家発電をしたりと、体当たりというかどんと来いというか、彼女なら泥まんじゅうも食べるかもしれません。

オープニングのカットから小物にいたるまで、伏線張りまくり。今回のように復習してから見ると、そこに気づいて悦に入ったりするんです。でも正しい見方としては、まるっきりさらの状態で最初観て”なんなのよー!”と身悶えて欲しいです。あのぐらぐらする世界を実感してください。そしてネットで検索、人の解釈やら読んで自分なりに納得してから、もう一度トライしてください。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<?で、あんたダレ? | No Way Out ~出口なし~ | 評判に聞いていたとおりでした。>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。