No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラストに疑問
2007-08-25 Sat 01:53
最愛 最愛
真保 裕一 (2007/01/19)
新潮社
-+C+-
この商品の詳細を見る

小児科医の悟郎のもとに届いた突然の凶報。18年ぶりの姉の消息は、警察によってもたらされます。消費者金融の放火事件、そこで発見された姉は、頭に銃弾を受け意識不明の重体です。幼い頃に両親を交通事故で亡くし、別々の親戚に引き取られ育った姉弟は、まったく互いの近況を知らないのでした。姉は婚姻届を出した翌日に事件に遭い、その夫の伊吹は妻が重体だというのに姿も見せません。悟郎は姉に何が起こったのか、わずかな手がかりをたぐりよせ、ついに事件の核心に迫ります。
医者としてある程度の地位を築いた自分とは反対に、千賀子の質素で寂しい人生に愕然とするのですが、同時に一本筋の通った力強い正義感と生き様に打ちのめされ、誇りに思うのです。

姉のもとにきていたたった8通の年賀状から、悟郎は事件の真相に辿り着くんですけど、なんか偶然に頼りすぎている感があるんです。『もしかしたら...』が『そうに違いない!』になり、結局それが『そうだったのだ!!』になるんです。医者になるより、刑事か探偵になったほうが良かったんじゃ?と思えるほど、悟郎の憶測はことごとく当たるのです。ネットカフェで新聞記事を検索して、伊吹が関った事件を的中させるあたりなんか、もう神がかり?失笑ですよ。
更にラストなんですけど、アレはどうかと思うんですよね。このあと離島で小児科医を続けるって言ってましたが、<ネタバレ>一度人を手にかけたその手で、子供の命を預かるんですか?いくら先が望めない、相手が愛する姉でも、医者ってのはそんなことをしちゃいかんのでは?ふたりの過去の関係を知った上でも、千賀子を独り占めしたいと思っての行動だとしても、どうしても私には受け入れがたいラストでした。

あっという間(2日で)に読了ですけど、説明だけで事件を終わらせてるのがガッカリでした。
その昔の新保くんは、ものすごく取材をして、その分野についてまったく知らない私のような読者でも、ぐいぐいと引っ張っていく魅力があったんですけどね。
スポンサーサイト
別窓 | さ行 真保 裕一 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<古典中の古典と現代ホラー | No Way Out ~出口なし~ | 圧巻!100人のダンスシーン>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。