No Way Out ~出口なし~   偏愛に満ちた小説と映画の備忘録です
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
脇役たちが大活躍
2007-05-30 Wed 18:06
おまけのこ おまけのこ
畠中 恵 (2005/08/19)
新潮社
-+B+-
この商品の詳細を見る

この巻は少し変わっていて、若だんなではなく、非力で脇役の妖したちが活躍することが多かったです。

『畳紙』では、『花かんざし』でぬりかべのオバケみたいな化粧をしていたお雛が主役です。彼女の悩みをなんと屏風のぞきが解決してあげるという異色作。いつも佐助たちにひどい扱いを受けているので、たまにはこれくらいいい目をみないと。
小鬼の鳴家が、真珠泥棒から真珠を守ろうとして川を流され鳥にくわえられ訳の見ず知らずの場所にところに来てしまう大冒険をする『おまけのこ』は、がんばる鳴家が可愛かったです。その他大勢いる鳴家の中から、若だんなに声を聞き分けてもらって喜ぶ鳴家もよかったです。

他、「こわい」「動く影」「ありんすこく」の3編。ちょっとパターンな気もしますが、やっぱりこのシリーズ面白いです
スポンサーサイト
別窓 | は行 畠山 恵 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<げに恐ろしきは、人のこころ | No Way Out ~出口なし~ | アメリカ人が良心を思い出す為のツール>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| No Way Out ~出口なし~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。